バレンタインに可愛くて経済的なラッピング術

バレンタインでチョコ作りを始めるとたくさん作りすぎてしまう方も多いでしょう。そうするとラッピングにかかる費用も増えるので大変です。そんな方に安く済むのに可愛いラッピングがあるようです。そのラッピングの主体となる材料は折り紙です。今は可愛い柄の折り紙もたくさんあるようなので可愛く仕上げることができます。
具体的にはどのような物を使用するのでしょうか。必要な材料は折り紙と爪楊枝があれば綺麗に仕上げることができます。折り紙は袋になるように織るそうです。袋の形は自由に作れますので、試行錯誤してみてはどうでしょうか。袋状にした折り紙に最後の一工夫をします。爪楊枝の持つ側に紙やテープを巻きつけ旗のようにします。旗にメッセージを書き込むのも可愛くていいでしょう。最後にその旗で折り紙を止めれば可愛く完成です。たくさん作る方にはお勧めできるでしょう。

バレンタインのラッピングは簡単

バレンタインと聞くと、中年層であれば昔の青春の頃が懐かしく甘酸っぱい記憶が蘇ってくることでしょう。今の若い世代の方々は異性に送るというよりは自分のためや友達と交換するというイベントの方が盛り上がりを見せているようです。市販のチョコでもオシャレな物からクスッと笑えるようなおのまで販売されています。もちろん自分で作るという方もいらっしゃるでしょう。100円ショップでは手作りチョコに必要なトッピングやラッピング用の袋や小箱なども幅広く揃えられています。ラッピングも簡単でオシャレに見せる方法があります。例えば、トリュフチョコは瓶に詰めて、瓶にはインテリア用のステッカーを貼るだけで市販のように見えます。生チョコのような柔らかいものは一つ一つを袋に入れてマスキングテープを巻くだけでオシャレ度が増します。

バレンタインでラッピングサービスを利用

バレンタインで商品を購入すると、ラッピングしてもらうことができます。実店舗だと、伝えることですぐに対応してもらえますが、通販だと対応していないお店も多くなっているでしょう。通販だと、地方で素敵なお店がないという方も利用できる反面で、自分でラッピングしないといけません。この状態に困っている人は、通販の中でもラッピングサービスに対応しているお店を利用してみてください。通販の中でも可愛らしい袋で包んでくれたり、紙を使用して梱包してくれるお店も存在しています。このタイプのお店を利用すれば、すぐに贈れる状態で送られてくるので、そのまま男性に渡すことができます。また、良心的なお店だと、無料で対応しており無駄なお金を払う必要がありません。素敵な商品を購入できるうえ、きれいな状態でお目当ての人に渡すことができます。